あっという間にピンクの季節から、緑の季節に移り変わってゆく時期。

ぐんぐんと鮮やかな緑の葉が育ってきていてますねー。

この季節って、

桜のきらいな日本人っていないのではないか・・・

と思うくらいピンクに染まる街並みに心がワクワク優しくなります。

この季節の、

街がピンク色に染まる季節の人の心に響く桜マジック。

桜のピンクに仕掛けられた嬉しいマジック。

ピンク色に仕掛けられたマジックって、

攻撃性を弱めるとか、母性を象徴する色で優しい、柔らかい、女性らしいなんてイメージを持ったり、気持ちを落ち着け穏やかにしてくれたり。

また、若返りの色とも言われていて

ピンク色は視覚を通して脳に届くと、下垂体や松果体、視床下部を刺激して内分泌が活発化され女性に嬉しいホルモンを分泌するらしいですよ。

そして、

ピンクの服を着るだけで新陳代謝は良くなり、顔色は良くなり血色も良くみえる。

ピンク色を取り入れる事で、シワやシミも減ることが実験でも報告されているそうな。

ほんのり優しい色合いでありながら人の心に響かせてるピンクのメッセージ。

ピンク色の戦略。

桜の色が、ピンクでなかったら。。。

春のイメージも、この時期の人の心も、何か違った感覚になっていたかもしれませんよね。

ーーーーーーーー

人の心は、知らない間にたくさんの戦略にはまっています。

それは、いい意味にも、時には意図しないワナにも。

桜のピンクのように、

そこにあるだけで何らかの印象・感情を持つことって日常の中ではたくさんある。

人の印象も、同じですね。

そこにいるだけで、人柄を想像できる印象の戦略。

印象戦略って誰にでも必要だと私は思っています。

戦略って考えると誤解を招くこともあるのですが、

それは、「作り込む」という自分という違う誰かになろうとすることではありません。

役者やパフォーマーなど、それはそれで必要な世界はもちろんあるんだけど、

普通には、そんな場面はそうそうないでしょ(笑)

私がずーっとお伝えしている印象戦略ってね。

印象戦略、印象を管理するという意識のことなんですよね。

それも自分で、ということね。

それには、「自分を知る」ということが大事。

これは、仕事人だろうが、起業家だろうが、主婦だろうが主夫だろうが、私は誰にも必要なことと思ってます。

生き方そのもの、みたいなところでもあるから。

どうあるか、を自分で決めること。

だから、どうしたいかは・・・・自由♡なんですよ

自分が向かいたい、なりたい方向性ですから。

時々ね。

ライターさんに文章起こしをしてもらうと「印象操作」って書かれることがあるんですが、、

私は・・なぜでしょ。この単語は好きではなくって絶対に使いたくない単語なんです。

だからいつも訂正してもらいます。

なぜでしょ、、とか書いておきながら、私の中での理由は明確です。

それは、

私の中に印象操作って、「ないものまでを、あるように見せる」

意味合いが含まれているように思ってます。

あ、SNSで時折見られる「盛る」というのは、、、あれも一種の印象操作ね(笑)

それはそれで必要だったり、楽しみがあったりするものですが、

それ以外の目的で自分のパーソナリティや仕事色々・・・盛り過ぎると・・・あとでしっぺがえしがくること多いよね(笑)。

色々、自分の心に一番ね。

私がお伝えし続けている印象戦略って、

「あるがまま。あるものを見える化する」です

その人の持っているもの、今は見えていないけど「あるもの」をフォーカスしています。

それを、どう見せるか・魅せるか。

そして気づいてもらうか=これは一番はご自身にね。

微妙な違いなのですが、

どちらで生きるかで・・・結果は大きく変わるんですよね。

それぞれで。

でも、人って「有ること」「持っていること」にも

気づいてない人、多かったりします。

経験上そんな方にたくさんお会いしてきました。

自分からみたら、、、

同じ人なんて世の中には居ないんだけど

でも自分のこととなると、

「たいしたこと私なんてないんです」とか(笑)

「別に個性という個性や才能なんて・・」とか(笑)

「目立つわけでもなくて(目立つことが個性と勘違いね)」とか、

色んな方にお会いしてきました。

が、私から見たら皆さん、それぞれ違う人。

もちろん、

私から見たら「もったいないな~・・・」と

カワイイの出し惜しみ(笑)をしていて

私はかわいくないと言い続け、似合わないスタイルと分かって、し続けている人もいます(笑)。

かわいくなりたいの?なりたくないの?

自信を持ちたいの?持ちたくないの?

ウキウキワクワクしたいの?したくないの?

私には、どっちでもいいんですけど、

あっちに楽しい世界、面白い世界、ワクワクする世界、があるなら、

一度体験してもいいんじゃないかと^^。

嫌だったら、元に戻ればよいからさ、と。

ずっと「かわいいの出し惜しみ反対派♡」としてご提案してきました。

自分のことが好きな人も、そうでない人も、

鏡の前の自分をもっと好きになってもらって、

もっと自分の可能性に気づいてもらって、

小さな毎朝の習慣から自分を大切にすることが、

さらに自分と周りの人を大切にすることへ広がっていってくれたらな~、と。

ただ私のスタイリングの仕方は「一発逆転ホームラン」的な(笑)ことはあまりしないので、

まずは
「自分でできるを目指すためのちょっといつもよりハードル高い位置」を目指しています。

そこからのステップアップなので、お会いするたびに段階を踏んでもらいます。

なので

その方の自分枠のちょっと外側を狙う方と、

思いっきり場外ホームラン的位置からアドバイスから始める人、

みたいな違いがあるということですかね^^。

がね。どちらにしても、

毎朝、私がいないと元に戻ってしまう、ということもある。

そこは、「練習」ね。

これまでを変えるには、意識が変わることと共に、

技術と習慣を=「練習」、が必要なのね。

まず習慣と練習を重ねるには、これまでとは違ったことをする意識づけ

これが大事。

センスは、意識をすることから磨かれる。

魔法のような一瞬の装い方は、

いつでも魔法の杖を持っている人がいればなれるから。

でも私は毎朝みなさんのご自宅にいられないのでね(笑)

自分でできるを目指すには、「練習と意識づけ」。

そりゃ、これまでやったことないことには、

魔法以外には、忘れない意識づけと練習しかないもの。

それが、

洋服や印象のコンサルを受けることが大事なのではなくって、

私に洋服を選んでもらうことが大事なのではなくって、

クローゼットの中のラインナップが大事よー!!とお伝えしているところ。

毎朝、クローゼットを見て、

思い出し(意識づけ)、自分でスタイリング考えて(練習)

時折、道具(洋服やメイク道具)をバージョンアップさせて

またこの繰り返し。。。みたいな(笑)。

私がそれぞれの方にお渡しする練習の課題とステップアップの道筋は、お客様をみて変えています。

「なぜですか?」

という先日ご質問をいただいたのですが、

人によって変化を受け入れられる準備の仕方やスペースが違うから。

です。

着実に階段を登っていただくのには、

目的に到達するまでに

いきなりジェットコースターで行きたいという人もいるけれど、

ゆっくり各駅停車でかみしめながら進みたい、という人もいらっしゃる。

それはコンサル中の内容、ご様子、ライフスタイル、同行ショッピング中のご様子など様々なところから判断させていただいています。





その「持っていること」「有る」ことに気づいてみたい方は

ぜひこちらのVoiceコースで、ご自身の意識を見える化してみるのも

とってもおすすめです♪

Voiceコースの詳細
https://lumiere-image.com/voice-course/

私には何が必要って疑問に思ったら、

まずはVoiceコースでご自身の思考パターンを映像として客観的にみてみると、意外な発見もあるかもしれないですよ。
ご自身の顕在意識、潜在意識、無意識層を映像に出してみることで
ご自身の考え方や、悩みの原因、そして紐解きから、どんな才能を持っているのかなど、様々なことが見えてきます。

3Vビジョンプロデユースって何?

Atelier Lumiere

魅力の総合演出家  

ビジュアルブランディングプロデューサー

3V ビジョンプロデューサー

              斉藤典子

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Vビジョンプロデュースとは

3V 各メニューについて】

■Voiceコース(ココロの視覚化)

○Voiceコース体験者の声

■Visualコース(ビジュアル)

○プロモーション動画 (自信という贈りもの)

【Nineteen’s Birthday Present】

  19歳の娘へ贈るカタチのない愛の贈り物

   プロモーション詳細

   ◆クローゼットコンサルティング 

http://ameblo.jp/lumiere-jun/theme-10087678124.html

   ◆同行ショッピング 

http://ameblo.jp/lumiere-jun/entry-12125758114.html

■3V Visionコース(3Vから自分を知る)

◆website   https://lumiere-image.com

http://mbp-tokyo.com/lumiere/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー